Catch the Taxi

東京都内のタクシーを中心にアーカイブして居ます。

ライオン交通

f:id:grizzly-bear:20210422170536j:plain

日本交通/ライオン交通/日産・セドリック営業車 2012年7月撮影

 

「#ThrowbackThursday」の今日はかつて藤田無線に加盟して居たライオンタクシーことライオン交通をご紹介。

 

藤田無線解散直前に加盟して居た日立自動車交通、春駒交通、ライオン交通ですが、日立自動車交通以外の2社は日産党で、セドリックを使用しており、それ以前はルーチェ等のマツダ車を使用して居たとのことで……。

 

そんなライオン交通は2016年に先代セレナがUDタクシーとして登録された際には、チェッカーキャブの山三交通、八洲自動車の2社と共に、出発式を行っていました。

 

response.jp

日本交通として実に10年以上も操業して居たライオン交通ですが、2019年に国際自動車(km)が全株式を取得し、同社の子会社化。同社は藤田無線を事実上吸収した日本交通から脱退し、kmに移籍しました。

 

しかしながら、2020年9月のkmの事業再編の一環で、ライオン交通の本社営業所は閉鎖され、国際自動車T2として併合され、ライオンタクシーの名称は消滅しました。

 

閉鎖直前の、社名を表記しない現在のUIでは〇青表記でした。

同社が子会社化されて居たことと、営業所が青戸にある事から青戸営業所という扱いで、この表記だったものと思われます。

 

在籍していたイエローカラーの車両やセドリック等は軒並みJPNタクシーに代替えされたとのことで。日本交通唯一だったというNV200の所在が気になるところです。

 

1961年に創業した同社は、現在も名前が残ったまま営業を続けて居れば実に60年の歴史を歩んでいたことになりますが、60年目を前にして、このような形で幕引きしてしまった事を少し残念に思います。

元々、藤田無線は藤田観光自動車が中心となって組織されていた無線組合ですが、藤田観光自動車をkmは1995年に買収・吸収しており、そんなkmが今度はライオン交通を吸収する事に、弱肉強食感を感じざるを得なかったり……。

 

web.archive.org

最後にWaybackmachineでサルベージしたライオンタクシーのホームページを掲載して終わりたいと思います。

 

藤田無線時代まで使用されていたライオン交通のマークが辛うじて、ホームページ上では確認できますが、今はそれすらも確認できなくなってしまった事を大変寂しく思います。おまけにkmに買収された後はそのマークすらも消え失せて居たり……。

 

日個連

f:id:grizzly-bear:20210421214322j:plain

日個連/トヨタ・クラウンセダン 2020年12月撮影

 

150系クラウンセダンの個人タクシー。10年前よりも法人タクシーでも個人タクシーでも見かける機会は激減しましたが、まだそれなりに走っている印象があります。

 

この車両はJRの某駅の主……なんて言われているくらいの、タクシーフリークには有名な車両らしく、令和のこの時代に2ケタナンバーです。2ケタナンバーは1999年までなので、この車両は最低でも22年使われていることになります。いやはや。今の大学生よりも年上ということに……。

この車両のドライバーの拘りも見え隠れして尊敬の念を感じます。

 

尤も、150系クラウンセダンは1995年から2001年なのでどちらかと言えば2ケタナンバーの方が登録されてる割合は高いはずですが、タクシーのように代替わりや移籍が多い車両だと、なかなか2ケタナンバーで現存して居る事の方が珍しいです。

 

 

 

東京交通自動車

f:id:grizzly-bear:20210419175905j:plain

東京交通自動車/トヨタ・クラウンセダン 2021年3月撮影

現在、独自営業をしている東京交通自動車ですが、今年の初め頃から車体表記及び行燈が変更され、元4社といった佇まいが大分薄まりました。

 

また、ドアには社章らしき、ぐるぐるマークが追加されており、これは同社の黒塗りのクラウンセダンでも確認できます。てっきり他のグループに移籍を考えているものだと思ったので、独自営業に舵切りしたのは少々驚きです。

 

過渡期には車体表記だけ新しくなり、球体型行燈のままの車両も走って居たようです。

 

f:id:grizzly-bear:20210419180528j:plain

東京交通自動車/トヨタ・クラウンセダン 2021年3月撮影

 

こちらは黒塗りの車両。

同社にはクラウンセダン以外にアルファードが在籍して居るようなのですが、未だに見かけたことがありません。他の事業者と同様に予約用の車両なのでしょうか。

 

また、JPNタクシーも導入されたようですが、同様にまだ見かけておらず……。今後、ゆっくりJPNタクシーに置き換わっていくものだと思います。

日本交通

f:id:grizzly-bear:20210415080225j:plain

日本交通/トヨタ・プリウス 2013年8月撮影

先週の「#ThrowbackThursday」をすっかり忘れてしまって居たので今週は忘れずに。更新が滞り気味ですが、何かあったとかではなく、単にネットにだけ時間を割きたくないなあ……という、私事です。忙しいのもありますが。

 

今回は日本交通にかつて在籍して居た30系プリウス後期型をご紹介。

トミーテックチョロQ zeroにて製品化されたのを覚えている人もわずかながら居るのではないかと思うこの車両ですが、知らぬ間に見かけぬ存在となりました。

 

プリウスαが2011年頃に登場しており、一部事業者はそちらを選択することも多かったですが、日本交通は30系プリウス後期型を2013年頃から複数台導入しており、また業務提携しているいくつかの事業者でも30系後期型を導入して居たようです。

 

20系では前後バンパーが黒だったプリウスも、30系ではバンパーもボディカラー同色で、見た当時はなかなかインパクトがありました。尤も、一部事業者では独特なバンパーの塗り分けをして居たり、リアバンパーだけ黒……と言った塗り分けをしていたところもありました。

 

2015年頃にはLINEでタクシーが呼べるサービス、LINE TAXIの広告を纏った車両も存在して居ましたが、そのサービス自体も2018年には終了しており、今となってはその車両も撮影しておけば良かったな、と思う次第です。

退役した時期は不明ですが、ハイブリッドカーの寿命やプリウスαの普及等を考慮すると、LINE TAXIが終了した2018年よりも前、2017年辺りには既に退役して居たのではないかと思います。

 

車種はどうであれ、また直営4社カラーの日本交通の車両を観れる日が来ると良いのですが。

 

坂本自動車

f:id:grizzly-bear:20210412111803j:plain

東京無線/坂本自動車/日産・セドリック営業車 2019年4月撮影

 

坂本自動車は台東区と足立区に営業所を構える事業者でそれぞれの営業所に48台ずつ、計96台を保有しています。

 

日産党だった同社も、セドリック生産終了後はクラウンセダンを導入。また、NV200も在籍して居るようで、現在はJPNタクシーを導入して居ます。和、匠両グレードが導入されている他、行燈も従来タイプとJPNタクシー用のワイドタイプ両方が混在しているようです。

 

また、東京無線唯一の指定色の現行シエンタを導入しており、そのインパクトは絶大と言えるでしょう。

 

なお、福岡に同名の板金屋がありますが、無関係で、それどころか、歴史で言えば1950年創業のこちらの方が長かったりします。

昨年で70年を迎え、今年で71年目と考えると非常に歴史が長く、同社の本社所在地が台東区という地域であることを考えると、下町風情溢れそうなイメージが。

また、金町にある金町自動車教習所も同社が運営をしているようです。

 

同社のセドリックにのみ見られる特徴として、黄色の反射材シールが前後バンパーに貼られています。これはフェンダーミラー世代の頃からのお約束だったので、もしかすると初期のY31セドリック営業車やそれ以前の車両にも貼られていたのかもしれません。

 

同社のセドリックは台数こそ減らしましたが、時々見かける程度には稼働しているようです。尤も、徐々にJPNタクシーの台数が増えて居るので、時間の問題ではあるのかもしれません。

 

山三交通

f:id:grizzly-bear:20210406233103j:plain

チェッカーキャブ無線/山三交通/日産・セドリック営業車 2021年4月撮影

 

山三交通のセドリック。4月に入ったこともあり、冬タイヤから本来のカスタム用のホイールキャップに戻されて居ます。

 

初日は行燈の交換が進んでいる印象の無かった山三交通も、3日時点では大分交換が済んでいる印象で、既に半分以上は行燈が変更されたように思います。

 

この車両はS.RIDEの広告を纏った防災レポート車です。チェッカーカラーに加えて、広告+防災レポート車の表示があり、普通の車両よりもかなりゴテゴテして派手な印象を受けます。山三交通にはまだまだセドリックが居ますが、ゆっくりとJPNタクシーも増えてきている印象で、この姿が見られるのもあと数年と言った所でしょうか。

 

昨今、YXS/TSS系の中古価格が上昇して居るという話を耳にしますが、逆に買い手が付かずに叩き売りされて居て値下がりして居るという話も耳にしますが、どちらが正しいんでしょうかね。

 

既にセドリック営業車の生産終了から7年が経とうとしていますし、いずれはセドリックもクルーのように球数が出ることも減り、価格も上昇して行ってしまうんでしょうか。

 

 

 

関東自動車交通

f:id:grizzly-bear:20210403232532j:plain

国際自動車/関東自動車交通/日産・セドリック営業車 2021年3月撮影

以前、4社カラーのセドリックも撮影した関東自動車交通の車両。黒塗りの車両も在籍して居ます。

 

こちらは塗り替えが必要なかった関係なのか、Cピラーエンブレムが確認できますね。グレードはクラシックSVでしょうか。km行燈の黒塗りセドリックは少し珍しい気がします。

 

同社はセドリック以外にもクラウンセダンが在籍して居るのですが、不思議と見かけた記憶がありません。

単にkmの車両は2020年以降に置き換えられたものを中心にトランクにある〇マークの中に書かれた一文字で判別するしかなくなっている関係だと思いますが、ぱっと見、黒塗りのkmタクシーは本当にどこの会社かわからないのは困りものです。

 

ふと、高校生時代に使っていた現在は非公開のブログを少し確認したところ、どうやらチェッカー時代、当時高校生の私が同社のセドリックに乗った際、結構酷い運転だったようで、色々ボロクソ書いていたのを微笑ましく思いクローズアップしてみました。

 

チェッカー時代は非無線だった同社。

大手4社の一角を担うkmと業務提携を開始して既に4年が経とうとしていますし、4社は教育をしっかりして居るとも聞きますから、流石にその時のような無謀にも近い酷い運転はしないと思いたいですが、どうなんでしょうか……。